情報王国 > iPhone5 > iPhone5(アイフォン5)需要爆発?iPhone5(アイフォン5)史上最大の販売予告?

iPhone5(アイフォン5)需要爆発?iPhone5(アイフォン5)史上最大の販売予告?

2012年の秋に発売されると予想されるiPhone5(アイフォン5)の2013年第1四半期の売上高は過去最高値をもたらすものと見込まれた。

2012年第4四半期アイパッド3(iPad3)の販売も当初の予想より20%近く増えると報告された。

アップルのエンジニアたちの話では、iPhone5(アイフォン5)デザインは拡張された画面とより薄い機体、10メガピクセルのカメラが搭載された。
Androidが搭載されている携帯電話の様々なデザインに統一性が不足だと批判をしたスティーブジョブズは大きいスクリーンの大きさに不満があったようだ。
そこで、iPhone(アイフォン)ラインの一貫性が欠けていると考えをし、iPhone5(アイフォン5)の発売が延期されたという。
2012年の秋に発売されると予想されているiPhone5(アイフォン5)は、2013年第1四半期に当初の予想より10%以上増の2700万台が売れると予想された。
2012年第4四半期のアイパッド3(iPad3)需要も当初の予想より19%増の1千250万台が売れ、最高の実績を記録すると予想された。
シーネットはRBCキャピタルの調査報告書の結果と分析者の言葉を引用し、米国市場をはじめとする世界市場でアップルがアイパッド3(iPad3)とiPhone5(アイフォン5)の販売では最高の四半期をそれぞれ記録するのではないかと予想されていると報道した。
このような見通しはアイパッド3(iPad3)、iPhone5(アイフォン5)と競争する企業にとって非常に不利なことがあることを示すのだ。
今回の調査結果、米国市場ではiPhoneユーザーの3分の2が2012年の秋iPhone5(アイフォン5)発売の時にこれを購入する計画だと知られた。

iPhone5(アイフォン5)需要爆発?iPhone5(アイフォン5)史上最大の販売予告?

2012年第4四半期アイパッド販売量と2013年第1四半期iPhone5(アイフォン5)販売量が最高を記録すると予想された。

RBCキャピタルはこれに基づいて過去最高のiPadとiPhoneの需要爆発を予想した。
今回の調査結果、種類を問わず携帯電話を所有している人と所有していない2200人の消費者のうち、31%の回答者が新しいiPhone5(アイフォン5)を購入する意向があると答えた。
このうち13%の回答者は非常に買いたい消費者であり、18%は買いたいと思う消費者だった。
前回、iPhone4(アイフォン4)発売に先立ち、同じ方法で調査した調査結果ではiPhone4(アイフォン4)を買うという人の割合は25%で今回の31%よりも低かった。
米市場ではTモバイルとスプリントに加入した人の半数以上は、自分がサービスを受ける携帯電話会社でiPhone5(アイフォン5)がサービスされれば、iPhone5(アイフォン5)の購入に興味があると知られた。
今回の調査で開学するとアイパッド3(iPad3)を買うという人の割合が回答者の26%に達した。
一方、85%がアイパッド3(iPad3)を販売しているアップルを彼らのタブレットメーカーとして認識していた。
ギャラクシータブを生産しているサムスンの割合は4%だった。
RBCのマイクエイブラムススキーは、今回の調査について”第4四半期アイパッド販売量が以前の予想よりも200万台(19%)以上増の1千250万台以上が売れると予想され、2013年第1四半期中iPhone5(アイフォン5)販売台数も当初の予想より260万台(10%以上)増の2700万台程度に達すると予想している”と話した。


カテゴリー


最近の投稿


人気記事


タグ


ページの先頭へ