情報王国 > iPhone5 > ベールを脱いだiPhone5(アイフォン5)のデザイン? iPhone5(アイフォン5) iPodtouch(アイポッドタッチ)と似ている?

ベールを脱いだiPhone5(アイフォン5)のデザイン? iPhone5(アイフォン5) iPodtouch(アイポッドタッチ)と似ている?

iPhone5(アイフォン5)のイメージとスペック(仕様)が公開された。
米国のIT情報サイトエンガジェット(Engadget)はiPhone5(アイフォン5)のイメージを2011年4月20日に掲載した。
iPhone5(アイフォン5)のイメージに関する情報は匿名の消息筋から入手したと伝えられた。
公開されたiPhone5(アイフォン5)はiPod touch(アイポッドタッチ)のような姿だった。
前に出てきたiPhone5(アイフォン5)の仮想デザインに比べて厚さは薄くなり背面は光沢金属だった。
画面はiPhone4(アイフォン4)のレチナディスプレイのように3.7インチのディスプレイが使用された。
また、ホームボタンが以前のモデルに比べて広くなった。
内部には符号分割多元接続(Code Division Multiple Access=CDMA)と世界無線通信システム(Global System for Mobile Communications=GSM)の機能をサポートしているクォルコム(Qualcomm)社のゴビ(Gobi)チップセットと近距離無線通信(NFC)の機能が搭載されると予想される。

ベールを脱いだiPhone5(アイフォン5)のデザイン? iPhone5(アイフォン5) iPodtouch(アイポッドタッチ)と似ている?
一方、このiPhone5(アイフォン5)は下に行くほど厚みが薄くなるデザインと背面のメタル素材は誇張されたという意見が提起されている。
米アップル専門業者MacRumors(メルモ)はエンガジェット(Engadget)の元編集者JoshuaTopolskyの言葉を引用し、”iPhone5(アイフォン5)のデザインがiPod touch(アイポッドタッチ)と似ており、マックブックエア(MacBook Air)のように逆水玉の形になるだろう”と報道した。
また、”ホームボタンはもう少し大きくなり、ボタンはもちろん、ジェスチャー操作も可能でディスプレイは一層より大きくなり、左右のベゼルまでスクリーンが占めるようだ”と述べた。
しかし、iPhone5(アイフォン5)の画面サイズは3.7インチで解像度の変更はないと知られている。
最近、海外のマスコミは”既存iPhone4(アイフォン4)はCPU、一部の部品等が変更されるが基本的なデザインはiPhone4(アイフォン4)と同じだ”と伝え、iPhone5(アイフォン5)の確実なデザインとスペック(仕様)はまた不明である。


カテゴリー


最近の投稿


人気記事


タグ


ページの先頭へ