情報王国 > タブレットPC > Surface Pro(サーフェスプロ)スペックは?マイクロソフト2013年1月Surface Pro(サーフェスプロ)タブレットPC発売

Surface Pro(サーフェスプロ)スペックは?マイクロソフト2013年1月Surface Pro(サーフェスプロ)タブレットPC発売

Surface Pro(サーフェスプロ)スペックは?

マイクロソフト2013年1月Surface Pro(サーフェスプロ)発売

Surface Pro(サーフェスプロ)Windows 8 Pro搭載

Surface Pro(サーフェスプロ)スペックは?マイクロソフト2013年1月Surface Pro(サーフェスプロ)タブレットPC発売

マイクロソフトはWindows 8 Proを搭載したSurface(サーフェス)タブレットPCのSurface Pro(サーフェスプロ)についての追加情報を公開したが、詳細なスペックについて明らかにしてない。

2013年1月に発売が予定されているSurface Pro(サーフェスプロ)タブレットPCはストレージ容量に応じて64GB、128GBの2つのバージョンで発売される。

価格も64GB Surface Pro(サーフェスプロ)が900ドル、128GB Surface Pro(サーフェスプロ)が1,000ドルになると予想されている。

タブレットPC Surface Pro(サーフェスプロ)はIvy Bridge(アイビーブリッジ)Core i5プロセッサを搭載し、10.6インチ1920ⅹ1080ディスプレーに4GB RAM、前後面カメラ、1つのUSB 3.0スロット、マイクロSDXCカードスロット、ミニディスプレイポート、802.11a/b/g/n無線機能を搭載し、Bluetooth 4.0をサポートする。

もちろん、Surface Pro(サーフェスプロ)のオペレーティングシステムはWindows 8 Proバージョンだ。

Surface Pro(サーフェスプロ)Ivy Bridge(アイビーブリッジ)Core i5搭載

マイクロソフト2013年1月Surface Pro(サーフェスプロ)発売

Surface Pro(サーフェスプロ)タブレットPCデジタルペンを無料で提供

Surface Pro(サーフェスプロ)スペックは?マイクロソフト2013年1月Surface Pro(サーフェスプロ)タブレットPC発売

Surface Pro(サーフェスプロ)タブレットPCはデジタルペンが無料で提供されるが、タッチカバーなどの外部キーボードはSurface RT(サーフェスRT)と同様に別途購入する必要がある。

現在までマイクロソフトはSurface Pro(サーフェスプロ)タブレットPCが2013年1月に販売される予定だと明らかにした。

しかし、2013年1月から購入が可能だということで、2013年1月からSurface Pro(サーフェスプロ)タブレットPCを出荷するという意味ではない。

マイクロソフトはSurface Pro(サーフェスプロ)をSurface RT(サーフェスRT)タブレットPCと同じような方法で発売すると思われるので、注文を受けるとすぐに出荷が行われると予想されるが、マイクロソフトはこれを保証してない。

Surface Pro(サーフェスプロ)はIvy Bridge(アイビーブリッジ)Core i5プロセッサを搭載する予定だ。

Surface Pro(サーフェスプロ)10.6インチ1920ⅹ1080ディスプレー、カメラなどのスペックを備える

マイクロソフト2013年1月Surface Pro(サーフェスプロ)発売

Surface Pro(サーフェスプロ)64GBと128GBバージョンで発売

Surface Pro(サーフェスプロ)スペックは?マイクロソフト2013年1月Surface Pro(サーフェスプロ)タブレットPC発売

しかし、どのようなモデルでどのようなクロック速度のプロセッサなのかはまだ知られてない。

Surface Pro(サーフェスプロ)タブレットPCは64GBと128GBのストレージを搭載するが、個人的なファイルやその他のデータを記録するストレージ容量の差は異なると思われる。

Surface(サーフェス)のWebサイトでもこれに対する具体的な答えを出していない。

ただし、”システムソフトウェアがかなりのストレージ容量を使用する”と明らかにした。

Surface Pro(サーフェスプロ)タブレットPCのオペレーティングシステムがかなりのストレージ容量を消費することを意味する。

Surface Pro(サーフェスプロ)スペックは?

マイクロソフト2013年1月Surface Pro(サーフェスプロ)発売

Surface Pro(サーフェスプロ)マイクロSDカードスロットで64GBをサポート

Surface Pro(サーフェスプロ)スペックは?マイクロソフト2013年1月Surface Pro(サーフェスプロ)タブレットPC発売

32GB Surface RT(サーフェスRT)タブレットPCの場合、実際使用できるストレージ容量は16GBぐらいで64GB Surface RT(サーフェスRT)は45GBぐらいだった。

しかし、Surface Pro(サーフェスプロ)がSurface RT(サーフェスRT)と異なるのはマイクロSDカードスロットを介して64GBの追加容量をサポートすることだ。

50ドルぐらいで64GBのマイクロSDカードを購入することもできる。

マイクロソフトのSurface(サーフェス)ソーシャルマーケティングチームは、最近いくつかの顧客とTwitterを使ってSurface Pro(サーフェスプロ)タブレットPCのバッテリー使用時間はSurface RT(サーフェスRT)の半分ぐらいだと話した。

この話から考えてみるとSurface Pro(サーフェスプロ)のバッテリー使用時間は5時間ぐらいになると思われる。


カテゴリー


最近の投稿


人気記事


タグ


ページの先頭へ