情報王国 > Surface > Microsoftタブレット次世代Surface(サーフェス)発売、次世代Surface(サーフェス)タブレットLTEバージョンも発売

Microsoftタブレット次世代Surface(サーフェス)発売、次世代Surface(サーフェス)タブレットLTEバージョンも発売

Microsoftタブレット次世代Surface(サーフェス)発売

次世代Surface(サーフェス)タブレットLTEバージョンも発売

Microsoftタブレット次世代Surface(サーフェス)発売、次世代Surface(サーフェス)タブレットLTEバージョンも発売

Microsoftの次世代Surface(サーフェス)タブレットの具体的な姿が現われた。

新しいプロセッサが搭載され、第4世代移動通信であるLTEをサポートすると予想される。

タッチカバーなどのアクセサリーもアップグレードされる。

米ZdnetはKevin Turner MS最高執行責任者(COO)がMicrosoft 2013 Worldwide Partner Conferenceで、Windows 8ベースのSurface(サーフェス)タブレットの今後のビジネススタイルについて言及したと報道した。

Kevin Turner Microsoft最高執行責任者は”2014会計年度、最も大きな革新の年”というタイトルのスライドショーを介して、自社製品のロードマップの具体的な情報を公開した。

ただし、正確な発売日と具体的な内容は明らかにされなかった。

Microsoftタブレット次世代Surface(サーフェス)発売、次世代Surface(サーフェス)タブレットLTEバージョンも発売

Microsoft Windows 8タブレット次世代Surface(サーフェス)発売

Microsoft次世代Surface(サーフェス) タブレットロードマップ公開

Surface(サーフェス)タブレットは今後、新しいモデルで発売される。

次世代Surface Pro(サーフェスプロ)バージョンは最近インテルが発表したHaswell(ハスウェル)プロセッサが搭載される。

次世代Surface RT(サーフェスRT)バージョンは明確には明らかにされなかったが、Qualcomm Snapdragon 800プロセッサが搭載される可能性が高い。

Qualcomm Snapdragon 800プロセッサはLTEをサポートするプロセッサで、次世代Surface(サーフェス)は通信社と連携されて発売されると予想される。

Surface(サーフェス)に対するアップグレードも行われる予定だ。

定期的なファームウェアのアップグレードなのか、新しいプロセッサのアップグレードなのかは説明されなかった。

Surface(サーフェス)のアクセサリーもアップグレードされ、カラーもより多様になる予定だ。

Microsoftタブレット次世代Surface(サーフェス)発売、次世代Surface(サーフェス)タブレットLTEバージョンも発売

次世代Surface Pro(サーフェスプロ)Haswell(ハスウェル)プロセッサ搭載

次世代Surface RT(サーフェスRT)Qualcomm Snapdragon 800プロセッサ搭載 LTEもサポート

また、Microsoft”2014会計年度推進事業”スライドではWindows PhoneとSkypeの事業推進方向も伝えられた。

Windows Phoneは”スタート画面”がアップグレードされる。

非常に革新的なアップグレードが行われると予想されるが、Microsoftの統合Windowsプラットフォームが実装されるかはまだわからない。

SkypeはEnterprise Voice(エンタープライズボイス)をサポートする大規模な会議機能が含まれる。

Enterprise Voice(エンタープライズボイス)はインターネット電話(VoIP)のようなものだ。

SkypeはOutlook、Office 365とも統合される。

Kevin Turner Microsoft最高執行責任者は”新しい会計年度の期間の間にオフライン販売店も101個まで増やす予定だ”とし、”MSは中国にもMS販売店を運営する計画だ”と述べた。


カテゴリー


最近の投稿


人気記事


タグ


ページの先頭へ