情報王国 > Surface > NVIDIA第2世代Surfaceタブレット製作中、第2世代サーフェスタブレットNVIDIAから発売

NVIDIA第2世代Surfaceタブレット製作中、第2世代サーフェスタブレットNVIDIAから発売

NVIDIA第2世代Surfaceタブレット製作中

第2世代サーフェスタブレットNVIDIAから発売

NVIDIAが次世代Surface(サーフェス)タブレットを作るためにマイクロソフト(MS)と協力していると明らかにして注目される。

これはMSが第1世代に続き、第2世代SurfaceでもNVIDIAのTegraチップセットを適用する可能性があることを示唆している。

米CNETはJen Hsun Huang NVIDIA最高経営責任者(CEO)が”MSと第2世代サーフェスを”大成功”に導くために協力している”と言ったと報道した。

MSは昨年10月、Windows 8オペレーティングシステム(OS)と一緒に”Surface RT”タブレットを発表した。

MSが直接設計して販売した最初のWindowsタブレットで話題だった。

サーフェスRTは他のWindows PCと違ってARMプロセッサが搭載された。

ARMプロセッサはNVIDIAのTegraチップセットだった。

Surface RTは10.1インチ画面を備え、画面サイズが似ている9.7インチApple iPadと比較対象だった。

MSも製品の発売後、直接比較広告を通じてこれを強調した。

しかし、市場での人気はそれほど高くなかった。

MSが注文したサーフェスRT生産量は300万台だったが、その半分も売れなかったという情報が今年の3月伝えられた。

先月MSは実績発表でSurface RT関連物量に対する会計を9億ドルの損失として処理した。

CNETの報道によると、MSのサーフェスRTとWindows 8ベースのインテルチップタブレット”Surface Pro(サーフェスプロ)”での売上高は8億5千300万ドルに過ぎなかった。

Jen Hsun Huang CEOによると、Surface RTの問題はこの製品にIntelチップではなく、ARMプロセッサが採用されることでOutlookの主要なOfficeプログラムを提供することができなかったということだ。

サーフェスRTにもOfficeプログラムは基本で搭載されたが、Word、Excel、PowerPointだけだった。

Jen Hsun Huang CEOはOutlookが重要なWindows向けのアプリだと話した。

Jen Hsun Huang CEOは”OutlookはWindows用の重要アプリで私たちは第2世代Surfaceにこれを搭載する予定だ”とし、”私たちは懸命に作業中であり、このような努力が大成功につながるように願っている”と述べた。

MSは6月末ビルドカンファレンスで開発されているサーフェスRT用のOutlookを公開した。

業界ではMSが次世代Surface(サーフェス)タブレットを開発していると考えている。

MSは次世代Surface(サーフェス)の開発や発売について何も話してない。

MSが6月末予定だった年次開発者会議ビルドで7~9インチサイズの第2世代サーフェスまたはSurface Mini(サーフェスミニ)を披露するという推測が多かったが、実際には発売されなかった。

QualcommとNvidiaは次世代Surface RTのためのプロセッサを供給するメーカーとして知られたが、事実かどうかはまだ確認されてない。


カテゴリー


最近の投稿


人気記事


タグ


ページの先頭へ